トレーナー矯正の治療法と治療の流れ、適応年齢や期間、症例についてご案内します

咬み合わせや口腔機能のトレーニングに

咬み合わせや口腔機能のトレーニングに

既成のマウスピース型のトレーナー装置を使った矯正方法。
乱れた歯並び(不正咬合)の早期治療のために、上下顎骨の成長を助け、口の周りの筋肉をトレーニングする治療法です。不正咬合の原因となる、舌のクセや口呼吸などの悪習慣を矯正することで、歯並びだけでなく、呼吸や姿勢の改善など、将来の健康面でもメリットの高い治療法。本格的な矯正を行う前処置として行うこともあります。

痛み

ほとんど痛みません

抜歯の可能性

顎の発育を助け、口の周りの筋トレ、悪習癖治療が目的のため歯を抜くことはありません

取り外し
可能

ご本人、または家族による取り外しができます

適応年齢
5歳~11歳

1日の装着時間
10~14時間

治療期間の目安
約1~3年

治療後1~2年間はリテーナー(保定装置)装着が必要

トレーナー矯正の特長

  • 1. SH療法(床矯正)で歯列拡大した後の仕上げに使うことができる
  • 2. 口腔周囲筋の筋トレ(リップ・トレーニング)
  • 3. 舌の位置(タン・ポジション)の改善
  • 4. 舌が口蓋の側方向へ発育するのを促す
  • 5. 前歯部分の歯形で適切な歯並びを促します※
  • 6. 本格矯正の前処置として処置されることもある
  • 7. 永久歯に生え変わる前に使うと効果が高い
  • 8. 歯型(印象)を取る必要がない
  • 9. 金属アレルギーの心配がない
  • 10. 取り外しが簡単
  • 11. 口腔内の悪習慣を改善
院長

トレーナー矯正は別名「筋機能矯正」「顎機能矯正」とも呼ばれています。
「トレーナー矯正だけで理想の歯並びになる」というよりは、「ある程度歯並びが整う(当初よりもかなりよくなる)」、「本格的な矯正前のプレ矯正」という感覚が近いでしょう。まずは、6ヶ月~1年ほどトレーナー矯正を行い、その後の歯列状態に応じて、装置を交換していきます。

こんなタイプのお子様にご提案します

  • •歯がデコボコしている叢生
  • •咬み合わせが深い過蓋咬合
  • •出っ歯、受け口など上下の顎のバランスが悪い
  • •できるだけ歯を抜かないで矯正治療を行いたい
  • •できるだけワイヤー矯正の時期を短くしたい
  • •鼻呼吸の練習が必要
  • •嘔吐反射が強く型取りができない症例

装着例

上下顎に装着した状態

上下顎に装着した状態

トレーナー矯正で期待できること

  • •正常な顎機能
  • •正常な歯列
  • •でこぼこのないよく発達したアーチ(歯並び)
  • •舌は口内で静止
  • •口の開閉時にクリッキングのない顎
  • •頬骨がよく発達した顔
  • •キリッと引き締まった顔立ち
  • •鼻呼吸の獲得

口の周りの筋トレや舌の位置が重要な理由は?

「歯並びの悩みなのに、なぜ口の周りの筋トレや舌の位置って重要なの?」と疑問に思われるかもしれません。
唇と舌の力は、歯の位置を決めます。とくに成長期のお子様の場合、口呼吸、異常な飲み込み、舌を突き出す"悪癖"があると、不正咬合、顔面の発育不全につながります。この癖を放っておいたままだと、どうなるか?症例によってワイヤーなどを使った全体矯正しても「歯列が安定しない」「治療期間が長くなる」といった可能性が高くなってしまうのです。
現在は、口の周りの筋肉や、軟組織を矯正することで、間接的に矯正した歯の位置を保定にも役立つことがわかってきて、治療にも積極的に取り入れられるようになりました。よい顔貌、正常な機能、正常な歯列には、正しく骨を成長させながら歯牙を育てる矯正だけでなく、その周りの筋肉組織の働きを整えることも矯正治療のひとつとお考えください。

トレーナー矯正は、本格的な矯正前のプレ矯正として、すべての治療とリンクする治療法です

院長

EF LineやT4Kなどのトレーナー矯正システムは、本格矯正治療をする前に、歯並びや咬み合わせに関係する悪習癖(口腔周囲筋の緊張、舌位異常、舌突出癖、習慣性口呼吸、咬唇癖)を取り除き、歯並びや咬み合わせのための環境を改善します。EF LineやT4Kは顎口腔機能訓練のための装置であり、患者さんの協力・トレーニングが必須です。SH療法や床矯正で歯列拡大した後にトレーナー矯正をすることで顎口腔機能が改善され、それに伴い歯列が自然と整っていくことがあります。ゆっくりと歯列が整うので後戻りがほとんど起こりません。

使用する装置

EF Line

EF Line

T4K

T4K

トレーナー矯正症例

EF Line症例

年齢
9歳~12歳
期間
2年4ヶ月
費用
¥400,000
注意事項
痛みがでることがあります

治療前(9歳9ヶ月)

治療前(9歳9ヶ月)

治療中(10歳7ヶ月)

治療中(10歳7ヶ月)

治療後(12歳1ヶ月)

治療後(12歳1ヶ月)
院長

上顎が少しガタガタで出っ歯になっています。口唇閉鎖指導を行い、EF Lineを装着しました。
歯の生え変わりが進むと共に歯並びもキレイなU字型になってきました。2年4ヶ月後には12歳臼歯もキレイに萌出したので矯正治療を終了しました。

T4K 症例

年齢
10歳~11歳
期間
1年5ヶ月
費用
¥400,000
注意事項
痛みがでることがあります

治療前(10歳5ヶ月)

治療前(10歳5ヶ月)

治療後(11歳10ヶ月)

治療後(11歳10ヶ月)
院長

上顎がガタガタで八重歯になっています。生え変わっていない乳歯が上下に4本あります。T4Kを使い鼻呼吸と口腔周囲筋の正常な機能を習慣づけていきます。
1年5ヶ月後には4本の乳歯が抜けて全て永久歯になり歯並びもキレイになりました。

床矯正とT4Kを使った症例:床矯正で反対咬合を改善した後、T4Kを使用

年齢
9歳~11歳
期間
2年10ヶ月
費用
¥400,000
注意事項
痛みがでることがあります

治療前(9歳1ヶ月)

治療前(9歳1ヶ月)

治療中(9歳9ヶ月)

治療中(9歳9ヶ月)

治療中(10歳1ヶ月)

治療中(10歳1ヶ月)

治療後(11歳10ヶ月)

治療後(11歳10ヶ月)
院長

他院でムーシールドを1年間したのですが、反対咬合が治らず当院に来られました。床矯正装置で拡大しながら左の前歯を前に押し出していきました。
8ヶ月でキレイな歯並びになり、その後はT4Kを使用して永久歯への生え変わりを観察しました。

ご家族や、お子様の身近な方にご協力いただきたいこと

毎日きちんと装着できているのか"しっかり"確認

取り外しができる装置のため、決められた時間はしっかりと装着していないと治療が進みません。お子様自身では管理できないので、身近な方が決められた時間に着脱し管理をお願いします。
小児矯正の場合は、ご本人より身近な方が治療に参加し見守っていく意識をきちんと持っているかどうかが成功の要といえます。虫歯などの治療に比べて、通院期間は長くなります。いやがるのを叱りながら「矯正させる」のではなく、お子様がやる気をだしてくれそうなイメージや目標を想像させて、治療をサポートしていただければと思います。

スタッフ

トレーナー矯正は、寝ている間(8~10時間/無意識)と起きている間(1時間以上)にも装着が必要です。例えば、ゲームをしてもよい時間や、宿題をする時間など毎日のルーティン(できれば楽しいことがいいですね)とセットにして装着してみましょう。毎日続けることで自然と習慣化します。

トレーナー矯正が向いていないケース

  • •本人に治す意志がない(装着時間を守れない)
  • •鼻炎がひどく鼻呼吸がほとんどできない症例
  • •装置を入れたときに嘔吐反射が起こる症例

小児矯正に関する
皆様からのお問い合わせをまとめました

TOPに戻る